本文へスキップ

悩む前に今すぐご相談下さい。四ツ谷駅至近,遠藤治法律事務所                                                         サイトマップ

〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目18番地 王蘭ビル5階 TEL 03-6380-4935

 業務のご案内CONCEPT

事件処理の方針

 当事務所では,依頼者様のさまざまなニーズ・ご要望にできる限りお応えすべく,以下の点をモットーに事件処理を行ってまいります。
 1 ご相談を丁寧にお聞きすること
 2 考えられる手段・対策をできるだ
  け複数ご提案し,ご検討いただくこ
  と
 3 事件の見通しを分かりやすくお伝
  えすること
 4 迅速に業務を行うこと
 5 こまめにご報告を行うこと


男女問題に関するご相談

 婚姻関係にある男女の問題については,離婚,財産分与,慰謝料,親権,養育費の問題など,いずれも慎重に検討をする必要があります。
 他方,婚姻関係にない男女の問題としては,不貞の相手方との法的問題があります。これはもっぱら損害賠償請求により法的解決を目指すということになります。


 詳しくはこちら


相続に関するご相談

 相続に関しては,遺言の作成,遺産分割,遺留分減殺請求など,その局面に応じて思わぬ問題が発生することがあります。特に相続紛争は複雑化することが少なくありませんので,早い段階で専門家の意見を求めておくことが有益です。

  詳しくはこちら

 

借金に関するご相談

 借金の返済が困難となった場合には,法律により解決を図ることが可能です。
 当事務所では,依頼者様の状況を詳しくお聞きし,最適な手続を選択いたします。

  詳しくはこちら


労働に関するご相談

 労働に関しては解雇,賃金カット,配転,労災など様々な局面で問題が発生することがあります。
 そのなかでも特に多い紛争は,解雇の事案です。

 労働者側として解雇を争う場合,以下の点について検討が必要です。

 まずはどのような理由で解雇されたのか,使用者に確認を行うことからスタートします。
 そのうえで,解雇理由として示された事実が存在するのか(立証できるのか)、その事実に基づく解雇が社会通念上相当といえるのかどうかが重要なポイントとなります。
 社会通念上相当かどうかは,ケースバイケースで判断を行うことが必要ですが,改善の機会を与えたかどうか,処分が重すぎないか,過去の事例と比較して均衡を失していないか,などの点から検討を行います。

 解雇について争う場合には,まずは交渉を行うことにより事案の解決を試みるのが一般的です。

 しかし,これで解決ができない場合,次の手段を検討することになります。

 手続のメニューとしては,
 ・行政手続における紛争解決手続
 ・労働審判申立て
 ・通常訴訟(+保全手続)
 が考えられます。

 当事務所では,労働関係に関して相手方と紛争となった場合,相手方に対してどのように対応を行っていくべきか、法的手続等を選択せざるを得ない場合にはどの手続を行うのが適当かなどについて,これまでの豊富な経験に基づき,わかりやすく,丁寧にアドバイスを行っております。


 労働問題について相手方に対する対応にお困りのかた,あるいはこれから労働紛争に発展することが予測される場合には,まず当事務所までお問い合わせ下さい。

交通事故に関するご相談

 交通事故により被害に遭われた方,今後の賠償問題や加害者またはその保険会社との間でどのように交渉を進めていけばよいか,悩まれることも多いかと思います。

 当事務所では,実務に基づく適正な損害の賠償を請求することにより,被害者のかたの正当な権利の確保に尽力いたします。



遠藤治法律事務所

〒160-0004
東京都新宿区四谷1丁目18番地 王蘭ビル5階

TEL 03-6380-4935
FAX 03-6380-4936